会社案内・採用情報

モクモク7つのテーゼ

1. モクモクは、農業振興を通じて地域の活性化につながる事業を行います。
2. モクモクは、地域の自然と農村文化を守り育てる担い手となります。
3. モクモクは、自然環境を守るために環境問題に積極的に取り組みます。
4. モクモクは、おいしさと安心の両立をテーマにしたモノづくりを行います。
5. モクモクは、「知る」「考える」ことを消費者とともに学び、感動を共感する事業を行います。
6. モクモクは、心の豊かさを大切にし、笑顔の絶えない活気ある職場環境をつくります。
7. モクモクは、協同的精神を最優先し、法令や民主的ルールに基づいた事業運営を行います。

 みなさんこんにちは。モクモク社長の松尾尚之です。

 モクモク手づくりファームは、1983年、忍者の里として有名な三重県伊賀地方の阿山町で産声を上げました。
 ところが、初年度の夏から大赤字。
 せっかくのおいしいハム・ウインナーなのですが、肝心のお客さんがいません。
 なにしろ、地元は人口8000人の町であるうえ、山の中のわかりづらい場所にあるため、1日がんばって数万円という日が続きました。
 そんななか、偶然のきっかけではじめたウインナーの手づくり体験教室(今ではいろんな場所でやってますが、わたしたちが日本で最初にはじめたのです)の成功をきっかけにして、徐々に徐々に「モクモク」の名前を知って頂けるようになりました。
 現在では、基盤となる直営農場と農産加工の各工房の運営のほか、年間50万人の来園者を誇るファクトリーファーム(農業公園)の運営、会員制の農産物の通 信販売なども行っています。
 通信販売なんか農業じゃないよ!とおっしゃるかたもおられるかもしれません。
 しかし、21世紀の農業は農産物をつくるだけではなりたってはいかないのです。
加工・販売までを農業としてとらえることで、多くの若者たちが農業でめしを食っていける環境を整えること。
 これが、農業者としての私たちモクモクが考えている『ロマンと夢のある21世紀型農業』です。  


1983. 8 おいしさ・安心・新鮮の三拍子揃った銘柄豚「伊賀豚」が誕生。






1987. 4 伊賀の養豚農家を中心に「ハム工房モクモク」を設立。
1988. 5 ログハウスのハム工房「ハム工房モクモク」創業開始。
1989. 4 「手づくりウィンナー教室」を始める。
1991. 2 ドイツ・ジンゲン市へハム修業のトップバッターとして松尾工房長が渡独。以来毎年スタッフが渡独ハム修業を続ける。
1992. 4 農林水産省食品流通局長賞受賞。
1995 .7 ファクトリーファーム(工房公園)「モクモク手づくりファーム」オープン。(同時創業)東海三県で初地ビール工房の創業開始。
1995.10 第一回ミニぶたダービー大興奮の内に開催。
1996. 7 会員のみのシステム「モクモク通販」開始。
1997. 2 1996年朝日農業賞を受賞。
1997. 7 パン工房・パスタ工房・PaPaビアレストランオープン。
1997.10 「オランダ・スラパクト食肉コンテスト」受賞。
1998. 4 パン・パスタ体験教室オープン。
1998. 6 「国際食肉業組合ハム・ソーセージコンテスト」受賞。
1998. 6 ビールの国際コンテスト「ワールド・ビア・カップ」受賞。
1998.10 「元気なおかず工房モクモク」島ヶ原村に誕生。
1999.3 「小さなのんびり学習牧場」 オープン。
2000.7 旅行ペンクラブ賞受賞
2001.1 「野天もくもくの湯」オープン。
2001.4 「できる限りやさしさ宣言」しました。
2001.5 「国際食肉業組合ハム・ソーセージコンテスト」金賞6つ・銅賞1つ受賞
2001.10 「ニッポン東京スローフード協会」加盟。
2002.3 「日本ペットミニぶた普及協会」発足。
2002.9 NON GMO(非遺伝子組み換え操作作物)をできるかぎり与え、徹底した管理の中で育て、「伊賀豚」をさらに進化させた『スーパーポーク21』が誕生。
2002.10 「農場レストランSaRaRa(直営レストラン)」四日市にオープン。
2003.9 社長 木村修 地域農業おこしに燃える人 経済産業省より受賞
2003.10 専務 吉田修 観光カリスマ百選 国土交通省より受賞
2003.10 「農場レストラン風の葡萄(直営レストラン)」鈴鹿にオープン。
2004.2 「第一回 オーライニッポン大賞」受賞 農林水産省主催
2004.3 第2回 日本環境経営大賞地域交流賞受賞
2004.4 「農場レストラン時のぶどう(直営レストラン)」松阪にオープン 。
2004.5 「国際食肉業組合ハム・ソーセージコンテスト」金賞3つ、銀賞8つ、銅賞5つ、合計16の賞を受賞
2004.5 NPO法人三重スローライフ協会発足
2004.8 ミニブタの「こてつ」くん 世界一の70cmジャンプでギネスに登録
2004.11 「モクモク元気な野菜塾市場」オープン
2005.1 第25回プロが選ぶ観光・食事・土産物施設100選に選ばれる。
2005.3 農場レストラン「モクモク 風の葡萄(かぜのぶどう)」が名古屋三越新店舗『LACHIC』に県外初オープン。  
2005.3 県外2店目の直営レストラン「モクモク 風の葡萄(かぜのぶどう)」が中部近鉄百貨店 草津店にオープン。  
2005.3 2005年春季『全国酒類コンクール』国産ビール部門で地ビールの「春うらら」が1位を受賞。  
2005.6 本格的な食農学習を行うための“滞在型食農学習施設OKAERiビレッジ”、“ジャージー牧場”がオープン。  
2005.7 ジャージー牛から搾った生乳でチーズをつくる工房『チーズ学舎』がオープン。  
2005.7 7月7日、モクモク手づくりファームが開園10周年を迎える。  
2005.9 日本農業経営学会実践賞受賞  
2005.10

インターナショナル・ビアコンペティションにてモクモクの地ビールが

金・銀・銅賞を受賞

 
2005.12 日本グリーンツーリズム大賞受賞  
2006.4

「ワールド・ビアカップ2006」において地ビール「春うらら」が金賞を受賞

 
2006.10

「インターナショナル・ビアコンペティション2006」にてモクモクの地ビールが銀賞(バーレーワイン酵母ビール)、銀賞(ペールエール)、銅賞(伊賀山麓ピルスナー)受賞

 
2007.3

「農場レストラン風にふかれて(直営レストラン)」津にオープン

 
2007.5

ドイツで開催された「国際食肉業組合ハム・ソーセージコンテスト」にて金賞9つ、銀賞4つ、銅賞6つの過去最多受賞

 
2007.6

「ジャパン・アジア・ビアカップ」においてモクモクの地ビールアンバーエールが金賞、バーレーワイン酵母ビールが銅賞受賞
「ジャージーミルク工房」オープン、ジェラートが登場

 
2007.9

農学舎スタート

 
2008.3 日本農業賞 第4回「食の架け橋」最優秀賞  
2008.5 「ジャパン・アジア・ビアカップ2008」においてモクモクの地ビール「伊賀ピルスナー」が銀賞、「燻製(モクモク)エール」が銅賞受賞  
2008.5 20周年を迎えました。  
2008.7 モクモク流玄米菜食レストラン「さらら」四日市にオープン  
2008.10 「田んぼからうまれたもくもく庵」四日市にオープン  
2008.11 「元気になる農場レストランモクモク」名古屋にオープン  
2009.7 モクモクカフェ、ファーム入口すぐにオープン  
2010.4 「やさしさ工房」オープン  
2010.10 東名阪道 御在所SA上下線にモクモク直売店がオープン  
2010.12 「パン学舎」が四日市にオープン  
2011.5 「元気になる農場レストランモクモク」JR大阪三越伊勢丹(梅田)にオープン  
2011.9 お惣菜・お弁当の店「ハハトコ食堂」が伊賀市中心部にオープン  
2012.7 モクモクカフェが「mokumokuとまとcafe」にリニューアル  
2012.7 名古屋三越栄店地下1階に,お惣菜・お弁当の店「mokumoku さしすせそ」オープン  
2013.4 東京・六本木に「モクモク手づくりファーム 東京ミッドタウン店」オープン  
2013.6 大阪・阿倍野に「モクモク直営農場レストラン お日さまのえがお」オープン  
2014.5 木村修、社長退任。松尾尚之、新社長に就任。  

モクモクの挑戦はまだまだ続きます。

ホーム
ホームへ